本文へ移動
特別養護老人ホームの新型コロナウイルス感染者発生について(第5報)
2022-02-21
令和4年2月21日(月)現在の状況についてご報告いたします。
 
 第4報にて令和4年2月14日(月)より新規入居とショートステイの受入れの再開を案内させて頂きましたが、再開日である令和4年2月14日(月)に、特別養護老人ホームほほえみの里職員1名の新型コロナウイルス陽性が確認されました。
その後、2月17(木)までの間に、職員と入居者様に複数の新型コロナウイルス感染者が発生致しました。
この結果を受け、所管保健所と連携を図り、入居者様の安全確保を最優先に考え、新型コロナウイルスの感染拡大抑止に全力を尽くしており、第5報の報告が大変遅くなってしまい申し訳ございません。  
これまでの経過を以下にまとめさせていただきます。
 
【発生から現在までの経過】
・2月14日(月):職員1名
 特別養護老人ホーム職員に、出勤時に熱はないが喉の不調を確認し、抗原検査を実施したところ陽性。直ちに医療機関へ     
 受診し、PCR検査を実施し、2月15日に陽性が判明。
 
・2月15日(火):入居者様1名、職員3名の陽性判明
 入居者様1名に発熱みられ、抗原検査を実施したところ陽性が判明。職員3名は愛知県の高齢者施設等職員への集中的検査  
 (スクリーニング検査)を実施したところ陽性が判明。
 
・2月16日(水):入居者様12名の陽性判明
 2月15日(火)に陽性者発生ユニットの入居者様12名に対してPCR検査を実施したところ、10名の陽性が判明。
 その他のユニット入居者様2名は、発熱のため抗原検査を実施したところ陽性が判明。
 
・2月17日(木):職員2名の陽性判明
 愛知県の高齢者施設等職員への集中的検査(スクリーニング検査)を実施したところ2名の陽性が判明。
 
【2月21日(月)現在の新型コロナウイルス陽性者】
 職員 6名  入居者様 13名
 
この結果により、感染拡大防止の観点から、新規の入居とショートステイの受入れは再度中止させていただいております。デイサービスに関しましては、感染対策を徹底しながら通常営業しております。
また、新しい情報や今後のサービス利用に関することが決まり次第、追ってご報告いたします。
 
ご家族の皆様、関係者の皆様には、大変ご心配とご迷惑をおかけしていること、心からお詫び申し上げます。引き続き、所管保健所と連携し、今後も一層の感染拡大防止に注力して参りますので、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。
TOPへ戻る